身近にあったコワ~イ話
半年ほど放置していました。ぼちぼち更新していきます。 2chなどから拾ってきた怖いネタを掲載していきます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
釣り行って恐怖体験した人 六人目 その3
448 :名無し三平:2008/07/04(金) 00:43:45 0

あまり怖くないし釣りに関係ないけど、思い出したので一つ…

俺は小さい頃お盆に祖父の家に帰省して、その地区の漁港の船のスロープの所で一人で水遊びしてて足を滑らせて溺れた事がある
その時俺はかなづちで海の中で目も開けられない位泳げない子供だった
どうにかしてスロープの上に戻ろうともがくものの、陸から見た時より想像以上に深くえぐられていて
いくらもがいても浮き上がれず、海の中で口から気泡を出しながら「助けてー」と叫んだ・・・
肺の中の空気は殆んど出てしまい、ほんとに苦しかった・・・この時点で海水をかなり飲んだしコメカミの辺りがジンジン痛んだ・・・・
段々と、もがく体の力も抜けてきて意識も薄れてきた・・・本当にもう駄目だと思いながら、最後の力を振り絞ってスロープの段差の上へ向ってジャンプした・・・
するとその時誰かが俺の手を掴んで、すごい力でスロープの上まで引き上げた
海面から出ると俺は「ぶはぁ」と海水を吐き、ぜぇーぜぇー息を吸い込んだ
誰が助けてくれたのかと周りを見回す・・・・誰もいない・・・
小さな漁港で周りは開けたような場所なので、そうそう見失うわけない
でも誰もいない・・・ヒグラシのカナカナカナと言う声が聞こえるだけ・・・・
俺は暫らく息を整え落ち着いた後、漁港と集落をつなぐ細い急な上り坂をトボトボ歩き祖父の家まで帰った
家に着き母親の顔を見て安心した俺はワァーワァー泣いた、母には「どこでこんな服濡らしてきたの」と叱られたが、何故かこの時「浜で転んだだけ」と嘘をついてしまった
その後、日が沈む前にお盆のお墓参りをし、その日のうちに父親の運転する車で自宅へ帰った。



少々色付けされてるかもしれないけど実際体験した出来事

2ch 釣り板 釣り行って恐怖体験した人 六人目 より
スポンサーサイト

テーマ:恐怖の体験話 - ジャンル:

コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。