身近にあったコワ~イ話
半年ほど放置していました。ぼちぼち更新していきます。 2chなどから拾ってきた怖いネタを掲載していきます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
釣り行って恐怖体験した人 六人目 その1
21 :名無し三平:2008/05/20(火) 21:47:50 0

今から数年前のお盆の頃の話。

数年前、丁度バス釣りのピークという事もあり、当時私も友人に教わり、バス釣りを始めました。
その頃、ネットでいろんな人が釣りのHPやブログを開いていた。
そこでお盆休みに実家に帰省する際に、近所でバス釣りが出来る場所はないかと検索してた。
「実家の住所 バス 釣り」とかで検索してたら、たまたま実家から10kmぐらい離れた山の中に
小さめな池があり、そこでバスを釣ってる人の釣行記が出てきた。
釣れてるバスのサイズは比較的大きく、トップで釣れてるようで、実家の帰省が楽しみになった。
っと、そんな6月の初旬頃、親戚が突然亡くなり、小さい頃にお世話になった方だったので、
葬儀に参加するよう、実家の親から電話があった。
すぐに会社に忌引き願いを出して、急いで車で帰った。

ついでに釣りもしようと思い、釣り道具もしのばせてw

葬式は滞りなく終わり、忌引きを2日貰ったのだが、そのまま週末という事もあり、
4日間実家に帰省出来ていた。日曜には帰ろうと思って、土曜の午後、先日ネットで知った近所の山の池へ
釣りに出掛けた。
おおよその場所は理解していたのだが、新しい道が出来ていたりして、また車のナビが古いから
迷いながら、ぐるぐると同じところを周ってしまい、ところどころのガードレールがボコボコと凹んでだり
崩れたりしてる場所が多く、道端に花束が手向けられたりしてる場所があり、だんだん不安になってきてしまい、
「だめだ~分からないや」と諦めかけた時に、何気にナビの画面に目をやると、右上に池のような絵が出てきて
すかさず縮小拡大をしたら、明らかに池!
そのままその池を目的地にセットして、ナビ任せで走ると、HPの釣行記に写ってた池に
そっくりな場所にたどり着いた。
22 :名無し三平:2008/05/20(火) 21:48:17 0
岸沿いに車を停めて辺りを見渡すと、池の周りの石積みがHPの写真と同じで、ここに間違いないと、早速釣りを開始。
トップでも釣れるとのことで、ペンシルを壁際に投げると、いきなり水しぶきがあがってバスがヒット!
サイズは30cmぐらいだったが、傷一つ無いきれいなバスで嬉しくなった。
それから4時間ぐらい、様々なルアーを使って夢中になって釣りをした。
気付けば夕方6時頃になり、既に20匹ぐらい釣った満足感もあり、いそいそと帰り支度を始め、車に戻った。

帰り際、またお盆休みに来ようと、その場所をナビにお気に入りとしてマークした。

帰りもナビを実家にセットして帰宅すると、どうやら曲がる場所を1箇所早く曲がってしまった為、
ぐるぐると迷ってしまったようだ。

翌日の夜、実家を後にして自分の家に帰り、早速ネットで山の池の釣行記が載ってるHPへ行き、
BBSにお礼かたがた自分の釣果を書き込んだ。
3日ぐらいして、BBSを覗くと、管理人の方が返事を書いていてくれた。
書き込みありがとうという事と、釣れて良かったですねとか、こういうルアーを使うといいとか、
初心者同然の私に詳しく教えてくれる返事をしてくれていた。
しかし、最後に、次回は決して朝早くは行かない方がよいと書いてあった。
その友人と思われる人も、朝早くは行かない方がいいよ~いろいろあるからみたいな事が書かれてた。

凹んだガードレールを思い出し、あ~きっと山の上の池だから、曲がりくねった道が多く
走り屋が多いから危ないんだろうなと思った。

それから約2ヶ月後、待ちに待ったお盆休み、会社が終わって急いで帰り、そのまま実家へ車で向かった。
夜中に実家に到着して、そのまま仮眠しようとしたが、寝付けず、この間の池に釣りに行こうと
車に乗り込んだ。

23 :名無し三平:2008/05/20(火) 21:48:55 0

前回お気に入りポイントとしてナビにセットしてあったので、目的地にセットして出発。
ナビ頼りで前回間違えた辺りまで順調に来た時に、ナビがポーンと鳴り「この先右です」と言うので
こっちの方が近いのか?と思いつつも右折。しばらく行くと、またポーンと鳴り「この先右です」。
そしてしばらく行くと、ポーンと鳴り「この先右です」、しばらく行くと、さっき走った場所に似た場所に出てきた。
あれ?と思いつつも、またポーンと「この先右です」と鳴り、そのまま行くと、またポーン「この先右です」

あれ?おかしい?一瞬壊れたのか?と思い、どうしようか迷って、Uターンをして今来た道を引き返すことに。
ところがしばらく走ると、ポーン「この先左です」と鳴り、何で同じところをぐるぐると走らせるんだ?と思った矢先、
ポーン「目的地周辺です」と鳴った。

あれ?着いた?確かにナビの画面ではポイントに着いていた。しかし辺りはまだ夜が空け切らず、
まして山の中なので周りが分かりづらいので、何気にヘッドライトをハイビームにして前を見たら、
以前迷った時に見つけた壊れたガードレールが見えた。更にガードレールの下側に、また花束が見えた。
背筋がゾクッとしてしまい、慌ててギアをバックに入れ、来た道を引き返すことにしたんだけど、
またナビがポーン・・・「目的地・・もくて・・もく・・・もく」と、今度はナビが壊れたかのように、
目的地を何回もリピート始めてしまった。
あまりに怖くなってしまい、そのままとにかくこの場から離れたい一心で車を走らせていたら、
丁度対向車のヘッドライトが見えたので、道幅が狭いから避けるつもりで少し左にハンドルを切ったところへ、
物凄い勢いで車が向かって来た!あっ!やばい!ぶつかる~~~!と一瞬目を閉じた!

しかし、ガシャーン!と当たる事もなく、目を開けて前を見ると・・・車の影も形も見えなかった・・・。


えっ?何?今の?と目を見開いて周りを見るが、闇に包まれており、景色が見えない。
しかし、なんだか誰かに見られてるような、視線を感じた。
また背筋がゾクッとして慌てて、前の道を下り始め、やっと知ってる国道に出た。

24 :名無し三平:2008/05/20(火) 21:49:56 0

ふと気付けば、ナビは正常に今いるポイントを指していた。とにかく落ち着こうと閉まってる店先の自販機で
缶コーヒーを購入し、そのまま実家へ戻った。

実家に着いた頃には、もう白々と明るくなっており、そのまま洋間で倒れるように眠ってしまった。

翌朝、母親に起こされ、世間話をしていたら、親戚の叔母が遊びに来て
「元気だったかい?」と世間話。
そしてすぐに、「ところで何で車に菊の花をはさんでるの?」と聞かれ、
えっ!?何言ってるの叔母ちゃんと言うと、窓拭くところに菊の花が挟んであると言われ、
すぐに車を見に行くと、ワイパーの前後に、黄色と白の菊の切花が1輪ずつ挟まれてました。
すぐに手で払いのけて、部屋に戻り、事の顛末を叔母ちゃん達に話したら、
お盆に殺生をしにいくからだとか、疲れて夢見てたとか言われました。

結局帰省中の1週間、天気も良くなかったので、あの山の池には釣りに行きませんでした。
帰ってきて、また例の釣行記が載ってるHPに行き、BBSに今回の件をはしおって書き込みしたのですが、
今度は管理人さん含め、友人誰一人も返事を返してくれず、一ヵ月後ぐらいに、再び見に行くと
今度はHP自体が削除されてました。

その後、自分自身も何かと忙しく、害魚論等もあり、バス釣りはほとんど辞めてしまい
実家へ帰省しても、あの場所へ行く事は無いのですが…

この時期になると、この出来事が思い出されます。

25 :名無し三平:2008/05/20(火) 22:10:06 0

台風で梅雨入りが伸びたね

26 :名無し三平:2008/05/20(火) 22:19:11 0

>>25
21~24の語りの後に何事も無く日常を語るオマエが怖い

2ch 釣り板 釣り行って恐怖体験した人 六人目 より
スポンサーサイト

テーマ:恐怖の体験話 - ジャンル:

コメント
釣りはしないけど黄昏時の水場は恐い
2008/08/30(土) 03:54:11 | URL | #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。