身近にあったコワ~イ話
半年ほど放置していました。ぼちぼち更新していきます。 2chなどから拾ってきた怖いネタを掲載していきます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
幽霊の出る旅館・ホテル 3泊目 その12
713 :宿無しさん@予約いっぱい:2008/04/12(土) 17:55:13 ID:sQWZh/jG0

東京u野にあったビジネスホテル。
夕方、観光の荷をほどいて、とりあえず飯を食いに出た。
たしか瓶ビールを二本ほど飲んだ。
でコンビニで、酒とつまみ買って部屋に戻って地味に寝酒のつもりだった。
生来の恐がりで、バスタブの扉を全開にしておいてから、シャワーを浴びていると。
女性の笑い声が聞こえてくる。「あれーっ?他の泊まり客かな?」
てっきり通路からだと思った。シャワーを終えて、からだ拭きながら、ワンカップを手にした。
エロ放送を見やりながら、観光マップをめくっていた。
すると女性の笑い声。こんどは表通りから?あまり気にもとめていなかった。
で明日は浅s寺から、と決めてベッドに。昼間の格安高速バスの疲れか。猛烈な睡魔に襲われた。
しばらくすると、けたたましい笑い声。今度は俺の部屋の扉の向こう側。
笑い声が「きーーーーーぃ」ってヒステリックな悲鳴に。そこでゾゾっと鳥肌。
薄目を開けるも、金縛り。悲鳴は、女性の気配とともに浴室から。薄暗がりの部屋の情景は
ゆがんで見える。ベッドの足元に女が。俺、叫んだ。「いやーーーー」
でも声にならない。けど金縛りが解けた。そしたら何事もないような空間。
俺、速攻で料金払ってビジネスホテルあとにしてサウナに行った。ひとりじゃとてもいられなかった。

2CH ホテル・旅館板 幽霊の出る旅館・ホテル 3泊目 より
スポンサーサイト

テーマ:恐怖の体験話 - ジャンル:

コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。